ブラックフォーマル(喪服・礼服)専門のおすすめ通販サイト

葬儀における服装のマナーについてお教えします。

「ブラックフォーマルって葬式とかで着る服でしょ?黒い服であれば済むのでは?」

 

と思っている方、結構いらっしゃると思います。

 

 

普段は馴染みのないもの程、急な時に困るものです。

 

そんな方のために、ここではブラックフォーマルを着用するうえでの、
最低限のマナーと場面に合う着こなし方を記載しておきます。

 

 

まず最も多いのが、家族や親族の葬儀で着用する際のブラックフォーマルですね。

 

この場合は、「肌の露出をしない」のが絶対条件とされています。

 

悲しみに包まれる場ですから、間違っても黒以外を着用しないようにしましょう。

 

次に親しい人の葬儀や会葬で着用する場合です。

 

当然、悲しい場ではありますが、
親族の葬儀の時ほどおごそかな雰囲気ではないと思われるので、黒一色はもちろん、
少しデザイン性のあるブラックフォーマルでも問題ないでしょう。

 

それ以外だと、通夜やお別れ会で着用する場合です。

 

この場合、当事者ではなく知っている程度の人であれば、
親族の葬儀と比べると悲しさの度合いは下がりますが、
明るい色というのは、明らかにマナー違反ですよね。

 

こういうケースが一番難しいかもしれません。

 

ですが、無難な色としては黒〜紺色ぐらいまでではないでしょうか。

 

あとは性別による着こなし方です。

 

黒一色でまとめればOKな男性に対し、女性では少々分かれています。

 

家族や親族の葬儀であれば、一緒に持つバッグやアクセサリーは光沢がないもので、
といった約束事がありますから、これはしっかり知識として持っておきましょう。

 

それ以外では多少緩和されて、派手じゃなければ問題ないので、
場面に応じて使い分けることがとても大切です。

 

万が一「黒いものを身に付ければ平気でしょ?」と思っている方。

 

マナーを知ってるか知らないかで、周りの反応も大きく変わってきますから、
正しいマナーを身に付けておきましょう。